Ohtsu_top

はなつきねこに遊びにきてくれてどうもありがとう。 大津美紀やcotaのいろいろな作品をとおし、 こうして出逢えたことに、日々、心から感謝しています。 マイペースに、つくったり、唄ったりしている私たちですが、 どうぞ、これからも、まったりとお付き合いいただけたら嬉しいです^^。 大津美紀/cota

大津美紀/cota

English Profile

千葉県出身 シンガーソングライター

   6歳からエレクトーンを習いはじめる。幼い頃から歌うことが好きで音楽の道を志していたが、 思春期に入り、誰にも言えない気持ちを日記に記すようにオリジナル曲をつくりはじめる。

   1997年に、デモテープがきっかけとなり「JR東海-詩仙堂-」のCMボーカリストとしてデビュー。 これは海外でも高い評価を受け、「International Broadcasting Award」でファイナリストを受賞。 その後も存在感のある歌声と類い稀なソングライティング力を買われ、40本以上のCM作品をはじめ、 作家、またシンガーとして、数多くのアーティスト、アニメーション、ゲーム作品に楽曲を提供する。

   2001年、L.A在住のミュージシャンらプロデュースによる「手のひらからこぼれる雨」でCDデビュー。 そこにはアートディレクター阿部行夫によるジャケットが描き下ろされ、また、同時期に詩集も発表された。 2006年には、人気コミック「僕等がいた」のTVアニメーション用挿入歌として「星を数えるよりも」を書き下ろし、 海外のメディアでも注目を浴びる。2008年、デビューしてから長年親交があり2004年に亡くなった岡崎律子楽譜集の出版を監修。 JASRAC管理下の全315曲を収録し、海外からの受注も含め、大きな反響を生んだ。→岡崎律子さんの楽譜は こちら

   イラストレータータナベサオリなど様々なアーティストとのコラボレーション作品制作、ライブパフォーマンスなど、 精力的に活動を続けてきたが、長年患ってきた解離性障害の症状が悪化し、一時、活動を休止、2020年に本格的に活動を再開。

  あたたかくも力強いメッセージを含んだ透明感のある歌声と、人の心の繊細さを見事に描き出した歌詞の世界、 そしていつまでも耳に残るメロディーは、年代、性別を超え、多くの人の心を揺さぶり続けている。

Profile

Miki Ōtsu started learning to play electronic organ at the age of six. She liked to sing from an early age and was willing to go into music in the future. During her adolescence, she began to write her original songs as if she had written a diary about her feelings that she could not tell anyone.

In 1997, a demo tape triggered her debut as the vocalist for a commercial for "JR Tokai - Shisendo -". Her singing created a sensation that it didn’t just stay in Japan. She received high praise overseas as well and won a finalist for International Broadcasting Award. Since then, she has continued to be highly valued, producing songs as a lyricist, composer, and singer for many singers, animations, and games including more than 40 commercials and "Bokura ga Ita", "Sayonara, Zetsubou-Sensei", and "Gokujo Seitokai", and many of which were ranked high on the charts.

In 2001, the single produced by musicians living in L.A., "Rain Slipping Through Fingers" and "Send Back to the Sky", was released. The CD features the jacket (CD booklet) designed by art director Yukio Abe, who is highly regarded both in Japan and overseas. Around the same time, a collection of her poems featuring illustrations by him was released. In 2006, she released a new song, "Rather than Counting the Stars" which was inserted into the TV animation of the popular comic "Bokura ga Ita" and it attracted attention in the foreign media.

Besides, Miki Ōtsu continued to work energetically with various artists such as illustrator Saori Tanabe, producing collaborative works, performing lives, and conducting music education activities. Due to her repeated illness, she temporarily stopped her activities, but she positively resumed her activities in 2020.

Her clear singing voice with warmth and strong appeal, the world of lyrics that beautifully depicts the sensitivity of people's hearts, and the melodies that are stuck in our heads continue to touch the heart of many people.